元多摩日記別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道女子サッカーリーグ開幕

<<   作成日時 : 2012/05/15 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノルディーア北海道0−0クラブフィールズ・リンダ

明清高校0−2大谷室蘭高校

1位 大谷室蘭高校 勝ち点3 得失点差2 得点2失点0
2位 ノルディーア北海道 勝ち点1 得失点差±0 得点0失点0
2位 クラブフィールズ・リンダ 勝ち点1 得失点差±0 得点0失点0
4位 明清高校 勝ち点0 得失点差−2 得点0失点2


ノルディーアの試合に関しては終始ノルディーアがペースを握ります。
しかし、引いて守りを固め、ゴール近くでは体を張るリンダのゴールを割ることができず。
後半も攻めに攻めますが、サイド・ネット選手やクロス・バー選手に阻まれ得点ならず。
守備では、たまにリンダがカウンターを発動しますが、後ろの選手、特に前田選手なんかが、ピンチの芽をことごとく摘み取る。丁詩栄選手も良かった。ピンチらしいピンチ、押し込まれる時間帯はほとんどなかっただけに、1点を奪えなかったのが残念。
そんなゲームでした。
最後は「前田大作戦」を発動してましたね。うーん、惜しかったなぁ。なんで1点取れなかったのか…。悔しい!
でも、道リーグでは十分すぎるほど戦えることがわかったのは好材料でした。多分選手も手応えをつかんだでしょう。
ノルディーアの「姫」、こと、有田一衣ちゃんが、「絶対決まったと思ったのに〜」と悔しがってたのが印象的。
話は変わりますが、姫の応援歌、「ワールドイズマイン」から拝借しようと思いましたが、なんかフルコーラスで作っちゃいそうなのでやめました(爆)。世界で一番お姫様〜♪


さて、明清と大谷室蘭との試合は、開始20分くらいまでは眠い展開。こりゃこっちもスコアレスか?とツイッターにつぶやいた矢先、大谷室蘭ゴール。アーリークロスっぽく入ってきたボールに足でダイレクトであわせて先制。
その直後にも大谷室蘭追加点で0−2に。
どちらも多分道内レベルでは上手いのでしょうし、個人で上手な選手もいましたが、全体的に前への圧力が弱く、2人3人程度の連携はいいけど、全体的な連動性はどうなの?という感じ。
全国レベルのリーグを知ってると全然まだまだ。
ノルディーアは勝てる。というか、全国を見据えるなら、チャレンジリーグ復帰を目指すなら、道内の相手には当然に勝たなくてはいけないと感じました。
それだけに、リンダ相手に1点でも奪って勝てなかったのは、勝ち点1を得たというより勝ち点2を失った印象。

しかし、まだまだ、道リーグは始まったばかり。
次は室蘭で大谷室蘭高校と対戦。
勝てば首位だよ!
リーグの試合数は6と多くないし、道内ではトップレベルでいる必要がある。内容だけでなく、結果、順位にもこだわりたいですね。

正直、チームがガラッと変わって、心配してたんです。
道女子リーグでも劣勢なんじゃないか?って。
だって去年ノルディーアサテライトが、メンバーに中学生がたくさんいる苦しい布陣とはいえボロ負け。ノルディーアトップも交流戦では室蘭大谷(昨年までの高校名)や明清に何とか競り勝ってたようだったので。
多分、同じ心配をしていたディアサポは僕だけではないはず。

でも、この日の内容を見た感じでは、やはり道内女子チームではノルディーアが一つ抜け出ている。見ていてワクワクするのは、ノルディーアだけだったように思います。
だからこそ期待込みで厳しく「勝ち点2を失った」と書きました。

高校生チームは部活動だから、季節が進むと全体で連携できるようになったり、個人のレベルも伸びて来たりすると思う。
でも、今のノルディーアの力なら絶対勝てるし、ノルディーアの選手もまだまだ伸びしろがあると思うので、ガンガンやっちまってほしいです!
やっちまえ!やっちまえ!

再来週、5/27は室蘭行くよ!
太鼓も持って行こう。問題は、一日散歩きっぷで行くか、Sきっぷで行くかだ…。まあSきっぷだろうな、体力的にw。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道女子サッカーリーグ開幕 元多摩日記別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる