【ナビスコ】大宮アルディージャ対コンサドーレ札幌

今さらながら、コンサドーレの試合の振り返りでも。

先日はノンキさんと一緒に、ゴール裏、本当に目の前にゴールがある場所で応援してました。
応援しながらも、目の前で相手選手やコンサの選手の動きがわかるので、勉強になりました。
もっとストレートに言うと、J1で勝てない理由が分かったというか…。

前半は、目の前のゴールはコンサが守るゴールだったので、守備について。
相手選手一人がドリブルして斜め方向に動くと、DFが3人くらい引っ張られていって、ドフリーの選手が一人出てしまうシーンが何度も。
しかもそのフリーになってるのが、たびたびいいシュートを放っている#5の外国人選手だった時には、ここでパスを出されるとやばい!と失点を覚悟しました。
幸い、そのタイミングでパスは出ず、失点しませんでしたが。
似たような形で、横浜Fマリノス戦ではやられてます。斎藤学のドリブルに3人引っ張られて、パス出されてずどん。
相手は、選手が斜めに走ってポジションチェンジしながら攻めてくる、いわゆる「ダイアゴナル」な形。守りづらいのは確かだと思うのですが、それってJ1ではデフォルトだと思います。ボールとボール保持者にばかり目を奪われず、人を見て守備できないと、なかなか失点は減らないだろうなぁと思いました。

後半は、逆にコンサが目の前のゴール目指して攻めます。
そこで感じたのは、さっき「J1ではデフォルト」と書いた、斜め方向へのポジションチェンジができない。
縦関係では割とポジションチェンジしながら前を目指すのですが、中の選手とサイドの選手、または中の選手同士で、など、横方向でのポジションチェンジがあまり見られず。
前田が入ってやっと斜めへの動き、横関係のポジションチェンジが見られるようになりましたが、前田がいないとそれができない、っていうのでは、ちょっとゴールは遠いですよね、J1では。

そのほか、トラップ、パスの精度など、あらゆる面で大宮が一枚上。
たぶん、たびたびイージーなミスでボールを失ってると、攻撃の時も積極的に前に出られなかったり、ポジションチェンジもできなかったりするんだろうなと思います。
J1じゃそれほど強いわけではない大宮相手でさえそうなんだから、他の実力あるチームに勝てるわけがないよな、と…。
技術で劣るなら、あとは運動量で上回って何とかするしかないですけど、もちろん足は動いてたし、戦う姿勢もあったけど、相手を「上回る」っていうほどではなかった(アウェイってこともあるでしょうけど)。ただ、気迫と運動量で技術の差を埋めるのは、正直長続きしない気がするので(特にアウェイがハードな札幌の場合)、やっぱり技術も向上させてほしい。

決してネガりたいわけではなくて、なんかこうもどかしいんですよね。
下手ってわけじゃないけど、相手よりちょっと足りない。やりたいことはわかるんだけど、それがなかなか表現できない。それが毎回点差になって表れてしまうんですよねぇ。ちょっと足りなくて勝てないのが積み重なって。
もどかしいですなぁ……。

でも、久しぶりにゴール裏で声出して応援できたのは良かったです。
ノルディーアで声を出すようになったからかな、コールリーダーさんの煽り方、リードのしかたもちょっと気にしながらの応援でした。
一時期の同じ歌をずーっとってのではなく、短め短めにメリハリがついてて良かったです。
そして、間髪をいれずに次の応援に入れるのはすげーなと素直に思いました。
コールリーダー陣(いわゆる「US」の人たちなのだろう)、ちょっと見直しました。
しかし、ことコンサの試合に関してはまったり観戦に慣れてしまったので、ゴール裏に行く機会はそんなにはないでしょうけどもw。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック