北海道女子サッカーリーグ第2節

ノルディーア北海道1-4大谷室蘭高校
得点者:西野菜々華
(ノルディーアのみ)

いやー、応援しながら戦況把握とか、難しいですね。
人数いれば補完もできるんでしょうけども…。
ノルディーアの得点は有田が持ち込んで、こぼれを西野が詰めました。遠くて有田?と思って有田コールしちゃいました(汗)。
西野選手ゴメンナサイ(>_<)。
そんなわけで分析ができるほど情報持ってないのですが、わかる限りのことを…。

開始時の布陣はこう。

  30 22
  8  7  2
16
  4  9  29
  3  6

前半、ノルディーアは右斜めからのシュート、GK正面でしたがキャッチしきれず後ろにこぼしてしまいゴールイン。早い時間帯に失点してしまいます。
高瀬選手は今年初の公式戦、緊張もあったのかな。
もったいないミスといえばそうですが、あれは一番悔しくてやりきれない想いをしてるのは本人だろうから、責められません…。

直後に、ちょっと状況よく覚えてないのですが、中央を裏に走られたのかな?、2失点目。
その後も、前節は上手く機能していたサッカーが、今回は成りをひそめてしまう。
相手の出足の良さもあった。ここで通ればチャンスになる、ってところを、相手にことごとく読まれてパスカットされてしまう。
狙いが悪いわけではないから、精度の問題か、オプションの問題か…。精度を高めるほかにも、他の選択肢を多く持って、相手の意表を突くなどができれば良いのですが…。

早い段階で、#3詩栄選手を下げて、#13西野選手投入。#2冨田選手を前線から最終ラインに下げ、西野選手を前に。…多分w。

  30 22
  8  7  13
16
  4  9  29
  2  6

ディフェンスラインがどうかわからないなぁ。応援しながら戦況把握は、シングルコアの僕の頭では無理です(>_<)。

後半になって、監督からカツが入ったか、動きが回復したノルディーア。
カウンターから真ん中を有田選手が突破してシュートまで、こぼれを西野選手が詰めて1点差に!
しかし、中央のパス交換から1点、右サイドの突破から1点、それぞれ綺麗に崩されて2失点。
#29鈴木選手に代えて、#17山下選手を投入して反撃を試みるも、ゴールを奪えず、1-4で試合終了。
無念の敗戦でした…。

今季のメンバーになってから、ランタとやるのは初めてなのかな。
おそらく今まで戦ってきた相手とはレベルの違う、相手の思いきりのあるプレーひとつひとつに臆病になってしまっていたかもしれないです。
テクニックでかわそうとしても、相手は結構しつこく食らいついてくる。
セオリー通りに両サイドへ散らそうとすると相手は読んでパスカットしてくる。
ただ、チャレンジリーグでは、こういうのは当たり前にやってくる相手ばかりなので、是非強い気持ちと状況に応じたサッカーを身につけて、一回り成長して、後半戦ではランタに一泡吹かせてやってほしいです!
そのためには、来週の明清にも、思い切ってぶつかって、そして今度こそ勝利を!

ランタの側は、正直応援してたらあんまり選手のこと見られなかったんですけども、#10星山選手が躍動していた…らしいです。
いやー、なんでみんな応援しながら相手のこと見るとかできるの?(汗)

そんな中でも個人的に感じたのは、ランタは声がよく出てるな、ということ。
特に円陣の時の声量はすごかった。
テクニックや身体の強さはすぐにどうこうできるもんじゃない。特に中学生選手は高校生と互角にやれって言ったって土台無理です。中学生と高校生じゃ身体の発達がまったく違いますから。
でも、声を大きく出すだけなら、ちょっと意識するだけでできます。
今より少し大きい声を出す。円陣の時も、試合中も。もちろん練習中も。
それだけで雰囲気だいぶ良くなるんじゃないかと。
声を出すと、気合い入ります。
気持ちを強く持てれば、ひとつひとつのプレーを思い切ってできるようになります。
失点した時、劣勢の時こそ声をガンガン出していってほしいと思います!

サポーターは、チームがどんな状況でも応援するのみ。
まだまだ試合は続くので、今後の成長を楽しみにしてますよ!

最後に、室蘭で一緒に手拍子して下さった皆様、コンサドーレのイベントをスルーしてまで援軍に来て下さった母さんとりお兄さん、ありがとうございました!

この記事へのコメント

mpp
2012年05月28日 12:55
お一人での応援大変お疲れ様でした。
きっと元多摩さんの声援は彼女達の力強い後推しとなっています。
2日も共に応援し勝利を呼び込みましょう。

元多摩
2012年05月30日 01:22
mppさん
コメントありがとうございます!
そう言って頂けると、応援して良かったと思います(涙)。
2日、またがんばって応援します。
よろしくお願いします!

この記事へのトラックバック