落ちていく

   落ちていく
          元多摩

あなたのことを想う深夜2時
秒針の音が部屋を支配する
僕は後悔と恐怖に飲み込まれ
隅で悶えながら体を蠢かす

どうして行ってしまったの?
暗闇に問いかけてみても
ただむなしく溶けていくだけ
落ちていく

叫びたい
楽しい過去を思い出すほど
心が乱れ、狂おしく渦巻く
壊したい
自分を、そして今のあなたを
獣のような心に気づいて 僕は
さらなる闇へと落ちていく

二人で並んで歩いた道
この先もずっと一緒だと思ってた
同じ場所、同じ気持ちを
共有していきたいと思ってた

すれ違っていたんだね
気づかないうちに 二人
違うものを見ていたんだね
さようなら

叫びたい
戻ることのない日々を
もう一度 なぞりながら
壊したい
過去の想い出も、喜びも
すべてをリセットして 僕は
深い眠りへと 落ちていく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック