【ノルディーア】チャレンジリーグ参入戦 vsジュブリーレ鹿児島戦

超絶今さらですが、ジュブリーレ鹿児島戦の振り返り…といってももう忘れちゃってますけどね!
NHKワールドで紹介された映像がメインで脳裏に残っているばかりで、詳細な記憶は飛んでますね。
記憶はホットなうちに文字に起こしておかないといけないですね…(汗)。

記憶をたどると、前日のつくば戦よりも厳しい戦いだった印象です。
相手も、うちのプレーを見て研究していたのかもしれません。
それでも、ノルディーアの昇格決定条件としては、得失点差の関係で、0-1での敗戦までは許される状況でしたので、精神的に余裕はありました。昇格できるかどうか、安全圏とは言えない差ですが、そのヒリヒリする感覚を楽しんでる余裕がありましたね。

後半、優菜選手のクロスから若菜選手のヘディングで先制!
この時の、若菜さんがサポーターがいるエリアに向かって手を大きく突き上げてくれたのははっきり覚えてますね。自分も防球ネットからめっちゃ腕を出して叫んでました。良いシーンでした。

後半アディショナルタイム。
ASCadooma 時代からチームを支え続けて来てくれた、冨田選手がピッチに!
冨田選手は今年初めだったかな? にケガをしてしまい、ずっとリハビリだったんですよね。
長年支え続けてくれた大切な選手を、大一番でピッチに立たせる。監督の粋な計らい。と同時に、最後の数分でも冨田選手をピッチに立たせてあげるために、みんながんばれって、事前に伝えていたのだと思います。
冨田選手が他の選手から愛されているからこその采配ですね。選手、監督、スタッフ、サポーター、一体になったと感じる瞬間でした。

勝利まであと数分ってところは、僕は少し涙ぐんでたと思います。結構感極まってましたよ…。
そしてホイッスル!!!

いち早く全国のノルディーアサポ、カムラジでノルディーアのことを知ってくれた人に知らせたくて、「勝利!昇格決定!」ってツイートを作って準備してて、ホイッスル鳴った瞬間に送信しました。

その後は、しばらくは本当に嬉しくて、みんなとハイタッチしたりしてました。
ジュブリーレのサポーターさんから、ノルディーアコールいただきました。ありがとうございました(返礼コールもしました)。
残念ながらジュブリーレは入替戦でバニーズ京都に敗れ、昇格はなりませんでしたが…、また上のリーグで戦えるのを楽しみにしてます。来年の予選会と入替戦、勝ち抜いて下さいね! うちが入替戦に回らないように気をつけます…(小声)。

試合後、三島駅で、北乃カムイ様ご所望のうなぎパイを調達して帰りました。
このくらいならレターパックで送れるかな?と思ったんですが、後日送ろうとしたら入らない事態が発生!
天の声…というかカムイちゃんからのご指示で、HBCの守衛さんに渡してきました。
その守衛さんの会話によると、「北乃カムイのもにょもにょラジオ(適当の)」プロデューsうわなにをするやめろdrftgyふじこlp。

帰りの飛行機、便こそ違いましたが、ノルディーアの選手たちと近い時間帯になり、新千歳で「お疲れ様でした!」と挨拶。一衣ちゃんとかめっちゃ良い笑顔してて。前の日の涙の勝利とは打って変わって、晴れやかでした。

僕も、前にチャレンジリーグにいた時に、応援らしい応援できなくて、降格させてしまったって気持ちがあったから…、実はとてもホッとしました。

ノルディーアの声を出しての応援は内地部隊の方が先で、ホームでは後発なんですよね。僕が(まかり間違って)アウェイの長野に行ってしまったのが運の尽きご縁で、応援するようになりました。「ホームでも熱い応援を!」って、当時、中村麻衣選手にブログでハッパかけられましたっけw。

だから…、やっと内地の声出し本隊の皆様にチームを「返す」(っていう言い方も変なのはわかってますが、それ以外に良い言い方が思いつかなくて)ことができて、本当に良かったです。



さて!
実はノルディーア、明日試合があります! ツイッターでの告知サボりましたごめんなさい!←
意識低い!いかんね!

----------
【皇后杯】一回戦
日時:11月30日 11時キックオフ
場所:三交鈴鹿サッカー場(三重県)

ノルディーア北海道 対 アンジュヴィオレ広島
----------

アンジュヴィオレ広島は、今年チャレンジリーグ、来年からなでしこリーグ2部に所属する強敵です。
昨年は入替戦出場チームを決める予選大会で1-2で敗戦。
スコアは1点差でしたが、内容はそれ以上の差を見せつけられた記憶があります。
昨年のリベンジ果たせるか!?
Web越しでも構いません、是非ノルディーア北海道にご声援下さい!

"【ノルディーア】チャレンジリーグ参入戦 vsジュブリーレ鹿児島戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント